家の設計

私は22歳の時に約3800万でマイホームを購入しました。注文住宅で床暖房や広い浴室、高い天井などワクワクしながら設計をしたものです。

給料の減額で市民税と固定資産税が払えない

当時支払いは毎月約10万円、給料も手取りで35万程度ありました。しかし景気の悪化から会社の経営が傾き、給料の減額や見直しがあり、手取りは30万になってしまったのです。

住宅ローンだけならなんとか支払えたのですが、市県民税の支払いとマイホームにかかる固定資産税がかなりキツくなってしまいました。

固定資産税は年間で約16万(毎月1.3万)、市県民税は年間で22万(毎月1.8万)。さらに、車のローンも残ってました。

今後、子供が生まれた時の生活費を考えると完全に赤字・・・、そこで家を泣く泣く手放す事にしました。

手放す際は任意売却を選択しました。住宅ローンが長く滞った場合、競売に掛けられ通常に販売するより安く売られてしまうということを聞いたからです。

ネットで調べたところ、任意売却なら相場の値段近くで売れ、最大で1年間は支払いをせずに今の家に住み続けることが出来ると書いてあったのも、任意売却を選んだ理由です。

任意売却の相談会社も多数有り悩みましたが、数社と話し合い一番コミュニケーションが取れる会社を選びました。

契約した会社からは、任意売却が出来るのと出来ないのでは、数百万変わると説明されました。

売却までの1年間に引っ越し資金をためる

自分は、任意売却で売れるまでの1年の間に、引っ越し費用などを貯めて次の新居に引っ越す事にしました。

任意売却申請中は自宅の見学などがある為、可能な限り家を綺麗にして、いつでも引っ越せる準備をしておかなくてはなりません。

引っ越しも簡単ではなかったです。賃貸契約するときの保証人の代わりに使う保証会社の審査が通らなかったからです。

あとで知りましたが、任意売却を扱ってくれた不動産会社が、保険会社の必要ない賃貸物件を探してくれてたそうです。

家のローン残債と金融からの借入れ払えず自己破産

自己破産

家を引き払った後、自己破産を選択し自己破産をしました。任意売却し清算した後も残債が残り、そのほかの債務もあったので弁護士から「自己破産が得」とのアドバイスがあったからです。

自己破産の手続きには数ヶ月掛かりましたが、自己破産が免責になった時には、本当に肩の荷がおりました。

最初、自分が任意売却を決めた際には、自己破産するなどのことはまったく考えてもいませんでした。

任意売却すれば、かなり高い金額で売れて、そのお金でローンの残債を清算できると思っていたからです。

ですが、現実はそんなに甘くなく、任意売却したあとでも500万円以上の残債が残ってしまったのです。

それに、生活をやりくりしていたときに借りていた、消費者金融などからの借入れがあったので、現実的に返済するのは困難だったのです。

早めに専門家に相談すれば最悪は免れたかも・・

今、思う反省点としては、生活費が苦しくなったときに「なんとかやっていける、絶対に家は守る」と思ってしまったことです。

そのため、足りない分を消費者金融から借入して自転車操業しているうちに、どんどん状況が悪くなってしまったのです。

ですから、もし同じように住宅ローンで苦しんでいる人がいたら、自分のように楽天的な考えをせず、早めに金融関係を扱っている弁護士などに相談しアドバイスをもらうことをおすすします。

自分だけだと、どうしてもいいようにばかり解釈してしまいますが、専門家は、今後の起こること冷静に予測してはっきり言ってくれます。

打つ手が早ければ、家売却、自己破産という最悪の状態を避けられたと言われてしまいました。

今後は、一から出直して、また家を買えるようになっていきたいと思っています。