任意整理は、弁護士や司法書士が債務者と金融機関の間に入り返済の調整を行う借金の整理法です。

個人の債務整理の中で、もっとも手軽で多くの人が利用している債務整理で、借金の返済額を減らすことができます。

過払い金請求は、払い過ぎた利息分を取り戻すというものですが、任意整理は将来的な金利をゼロにすることで返済額を減らすためのを交渉をします。

消費者金融やクレジットなどで借りると金利が高いため、いくら返しても元金を減らすことができません。

自転車操業

任意整理すれば、将来の金利を減らせるため月々の返済を大幅に減すことができるため、家計を立て直すことができます。

月々10万円あった借金の返済が、半分の5万円程度になる例もあります。

なぜこのような調整が可能なのかといいますと、「生活が苦しくなり破産してしまうと残金の回収が一切不可能になってしまいますが、金利を下げ払ってもられば元金の回収ができる」という金融機関の計算があるからです。

仲介する弁護士や司法書士は、その辺りをついて金融機関と交渉します。

任意整理の依頼と返済方法

任意整理を行うには、どのように依頼して、実際どんな支払いになるのでしょうか。

任意整理の依頼方法

任意整理は、弁護士または司法書士を通じて行います。

1. 無料相談で借金返済のアドバイスをもらう

まずは、無料のメール相談などを利用し、自分の任意整理が可能かどうかを相談します。

相談メール

無料相談メールには、以下の内容を記入します。
①名前(必須)

②電話番号(必須)

③メールアドレス(必須)

④借金総額(必須)

⑤ 相談内容(必須)複数回答
□借金を減らせるか知りたい
□借金を減らせるか知りたい
□取り立てを止めたい
□過払い金について知りたい
□家族の借金について相談したい
□その他借金について相談したい

⑤相談内容(任意入力)

無料メール相談は、365日24時間受け付け可能です。

リヴラ総合法律事務所 WEB無料相談申込

任意整理で調整できる借金返済内容

任意整理では指定する金融機関に対して、借入金に対して以下の調整を行います。

【任意整理の内容】

  1. 利息制限法に基づいた金利で借入金を再計算し元金を減額する
  2. 将来の金利をゼロにして、残金を3年~5年で毎月の均等返済できるよう調整する
  3. 和解契約書を作成して締結する

任意整理を行うことにより、現在の借入れしていた返済額を、大幅に減らすことができます。

任意整理の依頼から返済までの流れ

弁護士(司法書士)と借金の返済について相談し、任意整理を行う場合には正式に依頼します。

依頼を受けた弁護士、司法書士は、借入れしていた金融機関へ「受任通知」を送り、各社から借入れの履歴を取り寄せます。

とりよせた取引履歴から、利息制限法にもとづいて計算し直し、多めに払っていた場合には元金へ充当させ残高を減らします。

将来の利息をカットし残高を均等返済する案を作成し各社に提案します。

個別に金融機関と相談しながら和解案をつめ、承諾後契約書を作成し借入者と締結させます。

借入者は、和解した契約の内容に基づき毎月お金を金融機関の指定口座に振込み、借入れ金を完済させます。

なお、任意整理は、財産の処分や特定の職業につけなくなるなどの制限が一切ありませんが、金融機関の信用情報(ブラックリスト)にのってしまいます。

ブラックリストから開放されるまでの5年間は、クレジットカードを作ったり、新たなローンを組むことはできなくなります。

弁護士・司法書士の選び方

任意整理は、自分でも手続きや交渉することができますが、専門の知識や債権者との連絡、交渉などが必要なため、ほとんどの場合、弁護士や司法書士に依頼して行います。

最近、弁護士や司法書士の中にも悪徳な人がいて、過払い金をごまかしたり、高額な弁護士報酬を要求するような人もいます。

債務整理と専門に手がけている事務所であること、料金体系を明確に示していることなどをチェックし依頼してください。

なお、任意整理は、弁護士、司法書士、どちらへ依頼してもできますが、弁護士は債務金額が制限されていないのに対し、司法書士は1件辺りの債務金額が140万円以下に制限されています。

以下の事務所は、ネットでも評価の高い債務整理専門に扱っている会社です。全国対応、無料メール相談を365日24時間行っていますので、一度アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

リヴラ総合法律事務所 WEB相談申込