クレジットカード

任意整理は、カードローンやリポ払いでお金を借り、月々の返済が膨らんで生活が苦しくなったときに、弁護士や司法書士に依頼して行う債務整理の方法です。

消費者金融、カードローン、キャッシング、クレジットカード、リポ払いなどの借入先の金融機関と交渉し、金利をなくして元金部分だけにしてもらい、分割返済(3年~最長5年)することで生活の建て直しを図ることができます。

任意整理は民間レベルで行う債務整理

任意整理は、裁判所を使わず弁護士や司法書士を通じて民間レベルで行う債務整理方法です。

特定の借入れ先だけを選んで債務整理をするなど、かなり融通がきかして処理することができます。

例えば、住宅ローンや大手銀行のなどの借入れはそのままにして、カードローンや消費者金融だけを対象に交渉することもできます。

年利20%を越える高金利(2010年以前のグレーゾーン金利)で借りていた借金は、再計算することで元金を減らすこともできます。

任意整理を行うと、金利の返済がなくなりますので、月々の返済金額がラクになりますが、元金は3年(最長5年)の分割払いで返さなければなりません

任意整理のメリット

・裁判所を通さずに、弁護士、司法書士への依頼だけで処理できる
・借入金の将来の利息をカットできる
・借入元本を3年から5年で返済するので月返済額が大幅に減る
・交渉している間の返済がストップする
・整理する借金を選ぶことができる
・住宅ローンを任意整理から除外することで家を守れることができる
・弁護士や司法書士が借入金融機関と交渉してくれる

任意整理のデメリット

・元本を返せる返済能力のある人だけが対象
・信用情報に5年間登録される(ブラックリスト)
・裁判所が介入しないため交渉に応じない金融機関もある
・元金の返済は必要で、借金がなくなるわけではない

任意整理の手続き

任意整理は、債務に強い弁護士や司法書士に依頼して行います。弁護士が任意整理で扱える金額は無制限ですが、司法書士へ依頼する場合には、1債権者の交渉金額が140万円以内という制限があります。

弁護士や司法書士に依頼すると、任意整理の依頼を受けたことを知らせる「受任通知」が債権者(借入れ先)に発送され、その段階で支払いの返済がストップします。

その時点から、任意整理の交渉の和解が成立するまで(3~6ケ月後)の間、返済がストップしますので、その間に生活を立て直すことができます。

和解が成立したら、新しく決められた返済方法で完済していきます。

●任意整理の流れ
1. 弁護士、または司法書士に依頼する
   
2. 弁護士または司法書士が借入先に受任通知(依頼を受けたこと)を発送する
   
3. 借入先への返済がストップされる
   
4. 弁護士が各債権者と個別に任意整理を交渉する
   
5. 返済額、利息免除など和解成立
   
6. 和解した金額で支払いを再開する
   
7. 3年から5年で元本を完済する

※1から6まで、約3ヶ月から6ヶ月かかります。

任意整理でダメなら個人再生や自己破産を検討

任意整理の最大の特徴は、特定の借入先(債権者)を任意整理の対象から外すことができることです。

つまり、任意整理から「住宅ローン」だけを外すことができるため、家を処分されず今まで通り住み続けることができるようになるのです。

住宅ローンが払えない場合には、任意整理とは別に、借り入れている金融機関に直談判し、返済期間の延長やリスケジュールという方法を検討してもらうここともできますので、弁護士や司法書士の方にやり方を相談してください。

それでも払えない場合には、裁判所に申立てて「個人再生」や、「任意売却」してから「自己破産」など、次のステップの方法を探ります。

全国対応無料相談してくれる弁護士事務所

任意整理は、以下の弁護士事務所が無料相談を行っています。まずは、任意整理が可能なのかどうか、無料メール相談を受けてみてください。

いずれも、相談料無料、全国対応の債務整理専門の弁護士事務所です。

リヴラ総合法律事務所 WEB相談申込