任意整理や個人再生など債務整理について調べると、弁護士事務所と司法書士事務所の2つ窓口がありますが、その違いはなんなのでしょうか。

実は、双方とも債務整理の手続きをすることができますが、弁護士と司法書士では請け負うことのできる仕事の範囲が違います。

司法書士の方の費用が若干安いですが、業務の範囲を理解して依頼しないと、かなりの手間がかかってしまうので注意が必要です。

弁護士の仕事とは

弁護士は、資格の最難関の一つである司法試験に合格し、その後、司法研修所に入所し司法修習を修了して弁護士会に登録することで業務を行うことができます。

弁護士

弁護士になりますと、民事事件、刑事事件など、法律に関することならなんでも取り扱うことができます。

弁護士の業務範囲

訴訟事件

民事訴訟や刑事訴訟などで、権利に関する紛争を解決する事件です。

非訟事件

権利に関する紛争以外のもので、後見開始など家事に関する事件です。

審査請求、異議申立、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件

行政庁の処分などについて、不服申立を行う事件です。

その他一般の法律事務

債権取立の請求、弁済の受領、債務の免除等の処理や、契約書の作成等などの処理事務を行います。

弁護士の業務範囲の制限はない

弁護士は、特許などに関する事務処理である弁理士、税務書類の作成や代理などの税理士の仕事もすることができます。

また、登記の申請などを行う司法書士の仕事についても「一般の法律事務である」との解釈から請け負うことができるとされています。

つまり、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」などの債務整理において、弁護士はオールマイティで仕事を受けることができるのです。

また、弁護士の大きな特徴としては、本人の代理人として裁判をすることができることです。(尋問など本人が裁判所に行く必要がある場合を除きます)

自分が裁判を受けたくなければ、弁護士がかわりに出頭して裁判をしてくれます。

司法書士の仕事とは

司法書士は、法務省が実施する司法書士試験に合格し、司法書士会に登録することで業務を行うことができます。

司法書士

司法書士の仕事は、法律に関する書類の作成や手続きの代行を主業務とします。

司法書士の仕事の範囲

不動産登記

土地や建物の登記に関する書類の作成と申請を行います。登記や所有権設定、金融機関の抵当権設定、抹消など、不動産登記に関するすべての手続きを行います、

裁判業務

法務省で一定の研修を受け「認定司法書士」の資格を得ると、簡易裁判所における代理、裁判事務の借金の整理手続、140万円以下の民事訴訟の和解・交渉・訴訟代理ができます。

商業登記

会社の設立や、法人登記に関する資料の作成や手続きを代行します。

その他

成年後見、筆界特定手続、供託、帰化申請、審査請求などが、司法書士の業務となります。

司法書士は代理人にはなれない

債務整理をするときに、弁護士は裁判のすべての手続きの代理人になれますが、司法書士が代理人になれるには、簡易裁判所において行う民事事件(債務金額が140万円以内)と範囲は限定されています。

債務金額が140万円以上の場合や、個人再生や自己破産は地方裁判所が管轄となりますので、司法書士は代理人になることができません

そのような場合には、司法書士は書類の作成など、依頼人が行う裁判の支援をすることになります。

手っ取り早く処理したいなら弁護士に依頼

裁判において司法書士に依頼すると、受けられる業務に制限があるため、制限の部分については依頼者がしなければなりません。そのために、依頼人に手間と負担がかかります。

また、司法書士が代理人になれるのは簡易裁判所の140万以内の債務と限定されているため、それ以外のケースでは、依頼人が直接裁判所に出向いて手続きをしていかなくてはなりません。

このような理由から、費用は多少高くなりますが、債務処理の問題は弁護士を使うことをオススメします。

弁護士に依頼すれば、債務整理だけでなく離婚や、その他の訴訟の問題も合わせて相談できます。

また、全面的に任せることができるため専門的な知識を持たなくても、スムーズに解決することができます。

債務処理を専門に扱っている法律事務所を使うと、料金も安くスピーディな解決を図ることができます。

以下の弁護士事務所では、債務整理についての無料メール相談をしていますので、お困りの方はアドバイスを受けてみてください。

天音法律事務所のメール無料相談

リヴラ総合法律事務所 WEB相談申込