「支払いが滞納すると、ブラックリストにのってしまう」とよく言われていますが、「ブラックリスト」って何なのでしょうか。

ローンやクレジットを利用すると金融機関の個人信用情報に登録され、毎月の支払状況がそのつど記録されていきます。

実は、返済などが滞った時の延滞情報や滞納情報などの事故情報を称して「ブラック情報」といっていますが、金融機関の信用情報にはブラックリストというものは存在していません。

しかし、ブラック情報が記録されている人は、金融機関の利用制限を受けることになります。

クレジットカード

個人信用情報は、カード会社、ローン、信販会社、銀行、キャッシングなど、ほとんどの金融機関が加入しており、個人のお金に関する情報のほとんど記録されています。

ローンやクレジットカードを利用すると、金融機関から信用情報機関に情報が送られ登録され、毎月の支払状況が記録されていきます。

スマホの月割料金を払われなかった・・などの細かいことから、延滞や事故情報に至るまでしっかり記録されます。

ブラックと判断される人・制限されること・制限される期間

一般的に金融機関からブラック扱いされる人は、次のような人だと言われています。

ブラックとして判断される人

内  容
延滞 返済日より3ヶ月以上返済が遅れる、または3回以上滞った場合
債務整理 民事再生・自己破産・任意整理・特定調停・個人再生の手続をした場合
代位弁済 契約者から連帯保証人等への弁済に切り替わった場合

電気、水道、ガスなどの公共料金に関しては記録されませんが、クレジット引き落としにしている場合は、記録されることもあるようです。

ブラック扱いされると、金融機関から以下のような制限を受けます。

金融機関からの制限事項

  • 新たなクレジットカードの発行
  • 銀行からの借り入れ
  • 家、車、家電などローン
  • 制限される期間は、金融機関の判断により多少異なりますが、以下のような期間になるようです。

    制限される期間

  • 3ヵ月間の滞納:5年間
  • 自己破産:5年~10年間
  • 任意整理:5年間
  • 特定調停:5年間
  • 個人再生:5年~10年間
  • 信用情報はあくまでも金融機関だけの情報なので、就職や学校、職場などに影響することはありませんが、かなり生活が不便になります。

    信用情報がどう記録されているのか、自分で調べることができます。滞納などの経験のあるかたは、ぜひ一度調べてみてください。

    信用情報機関CICで自分の信用を調べてみる

    信用情報機関CICは、加盟している金融機関からの信用情報を収集、管理・提供することで、健全な信用取引を支えることを目的として設立された会社で、株式会社シー・アイ・シーが運営しています。

    信用保証
    CIC(クレジットインフォメーションセンター)

    上記のCICサイトより申し込むことで、パソコン、スマートフォン、郵送、窓口のご希望の手段で、信用情報を入手することができます。

    信用情報機関に登録されている内容

    CICの信用情報機関には、利用している全金融機関のローン契約、割賦販売、キャシングなどの貸金業などの支払い情報が2年分記録されています。
    信用調査結果

    ローン契約の登録内容

    内  容
    登録元の情報 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、公的資料、配偶者名
    契約内容に関する情報 契約の種類、契約の種類、契約年月日、契約終了予定日、支払回数、契約額、極度額、商品名
    お支払に関する情報 報告日、請求額、入金額、残債務、返済状況、経過状況、補足内容(延滞解消日)、保証履行額、金額、終了状況
    入金状況 2年間の月別入金状況

    入金状況は、以下の記号で毎月記録されていきます。

    $:請求通り(もしくは請求以上)の入金があった
    P:請求額の一部が入金された
    R:お客様以外から入金があった
    A:お客様の事情で、お約束の日に入金がなかった
    B:お客様の事情とは無関係の理由で入金がなかった
    C:入金されていないが、その原因がわからない
    -:請求もなく入金もなかった
    空欄:クレジット会社等から情報の更新がなかった

    この記録を元に、金融機関は他の金融機関からの借り入れ状況などもチェックし、個人の信用度を決めているのです。

    割賦販売法の登録内容

    内  容
    登録情報 割賦残債額、年間請求予定額、支払遅延有無

    貸金業法の登録内容

    内  容
    登録情報 確定日、残高、契約額、限度額、商品名、商品名、貸付日、貸付額、出金額、
    最終支払日、次回支払予定日、遅延有無、担保、保証人有無、終了状況

    信用情報調べ方

    信用情報機関CICのサイトにアクセスし、以下の手順で調べることができます。

    ①信用情報機関CICにアクセスする
    ②信用情報の確認手段を選ぶ(パソコン、スマートフォン、郵送、窓口)
    ③クレジットカードを用意し電話で申し込み
    ④受付番号を受取り、パソコン端末より申し込み(パソコン申し込みの場合)
    ⑤利用料金1000円をクレジットで支払う
    ⑤PDF書類で信用情報をダウンロード(パソコン申し込みの場合)

    信用情報

    CICの信用情報は、各金融期間ごとに1枚にまとめられています。現在利用しているカードやクレジットが10あれば、10枚の信用情報が提示されます。

    信用情報機関には、CIC以外に以下の2つの機関があります。
    ・JICC(指定信用情報機関 日本信用情報機構・全情連)
    ・全銀協(信用情報センター・全国銀行協会・JBA、KSC)

    他の情報機関からでも、信用情報を取得することができます。情報は、ほとんど共通ですので、いずれかの信用情報機関から取り寄せてみてください。

    現在ローンの支払が滞っている場合は・・

    現在、支払いが滞っている場合には、差し押さえ競売となる前にすぐに行動を起こす必要があります。

    というのは、差し押さえ競売で家が処分されると、市場価格の5割程度でしか売却できないからです。

    任意売却すれば、市場価格の7割程度の価格での販売が見込めます。

    ですから、現在住宅ローンの滞納が続いているなら、専門家の力を借りて、任意売却で家を処分することをオススメします。