住宅ローン、キツイですよね・・・ 給料の多くを住宅ローンに当てている家庭は少なくありません。

夫婦で働きながらローン返すのが精一杯というお宅も多いです。まして、子どもの教育資金が必要な時は、特に重くのしかかるのが住宅ローンです。

そんな住宅ローンですが、何かの事情があって払い続けることができなくなり、せっかく購入した家を手放すケースが増えています。

  • 住宅ローンが思ったより家計を圧迫し払い続けることができない
  • ローンの他に借金を作ってしまった
  • 病気になって働けなくなった
  • 転職したら収入が減ってしまった
  • 子ども学資が払えない

住宅ローンを払い続けることができなくなった理由は人それぞれですが、ローンは待ったなしです。

そんな状況でローンを払えなければ、「家を売って引越するしかない」と思っている方いませんか?

住宅ローンが払えなくて引っ越す

ちょっと待ってください!

今は、リース代(家賃)を払えばそのまま今の家に住み続けることができる「ハウス・リースバック」というシステムがあります。

ハウス・リースバックって?

ハウスリーズバックは、ハウスドゥなどの買い取り業者に家を買い取ってもらい、月々のリース代(家賃)を払って住み続けるシステムです。

例えば、3000万円で購入したマイホームにローンの残債が1000万円あったとします。その家を2000万円で買い取ってもらい、リース代(家賃)を月々10万円払って住み続けます。

(※価格はあくまで分かりやすくした仮定です。家や土地の価値、ローンの残債などで買い取り価格や月々のリース代は変わってきます。)

ハウスリースバックで一度手放した家は買い戻すこともできます。いつか資金に余裕ができたら買い戻せると思うと頑張る元気が出ますね。

ここで、最大の魅力は、家を売った現金が入ってくることです。

ピンチになったときに必要になるのは、何といっても現金です。この現金で、いまある悩みも解決できるかもしれませんね。

ハウスリースバックのメリット

  • 家を売ったことが誰にも分からない
  • 思い出の詰まった家に住み続けることができる
  • 家を売却したことが近所や親戚の人に分からない
  • 新しい土地に馴染めないなどの心配がない
  • 引っ越しをしなくて済むので引っ越し費用が不要
  • 子どもが転校しないで済む
  • 子どもや家族に負担をかけないで済む

家を売って引っ越しすることは、子どもや家族に大きな負担をかけるかもしれませんね。

特に、子供はせっかく慣れた学校を転校することになると「いじめ」などの問題もあり、新しい学校になじめるか心配になります。友達を失うのもかわいそう・・

子どもに寂しい思いをさせるのは忍びないですね。特に親の問題で子供に不憫な思いをさせるのはできれば避けたいもの。

それらを一気に解決するのが、住みながら家を売れる「ハウス・リースバック」です。

ローンの残債があっても売ることができます。

家を売って引っ越しを考えている方、決断の前に一度お問い合わせしてみるのも良いと思います。