状況を悪化させないためには、住宅ローンが支払えなくなりそうな時や、支払えなくなった時、問題を一人で解決しようと思わないことが大切です。

人は、状況が悪化した時に「よい方向に考えるよう」に思考ができているそうです。これは生存本能の一つで、自分の生存の可能性を見出すために行動とも言われています。

例えば、ローンが払えなくなった時、「今月なんとかすれば大丈夫・・」「来月はきっと大丈夫・・」、「友人に頼めばお金を貸してくれるはず・・」「株が上がれば・・」などと、いろいろな仮想の改善策をたて安心しようとします。

しかし、それはあくまでも自分の頭で組み立てた仮定であり、現実はそう甘くはなく、すぐに窮地に追い込まれてしまうケースがほとんどです。

ピンチを改善するには、自分ひとりで解決しようとしないで、現実をシビアに見てくれる専門家の知恵を借りることが一番です。

相談員

ファイナンスプランナーの力を借りて家計の見直しを図る

「いくら家計の見直しをしてもこれ以上出費を切り詰めることができない・・」「このままでは住宅ローンが払えなくなりそう・・」毎月毎月、綱渡りの生活をしている方には、プロの力を借りて家計を徹底的にチェックをしてもらうことをオススメします。

「もうこれ以上どうにもできない」と思っている状況でも、プロの目から見れば、まだまだ改善できるポイントが沢山あります。

家計のどこに問題があるのか、何を改善しなければならないのかを解析し、改善策とお金を生み出すポイントを教えてくれます。

オススメは、【家計の見直し相談センター】。PRESIDENT(プレジデント社)や朝日新聞等でも紹介されている会社で、ファイナルプランナー、行政書士、宅地建物取引士などのプロフェッショナルが、住宅ローンに困る家計の建て直すための相談にのってくれます。

家計全体の見直し相談は32,400円、住宅ローン診断は10,800円かかりますが、年間にするとその何十倍ものお金を生み出してくれます。

最悪の状態に追い込まれないためにも、一度チェックしてもらうことをオススメします。プロのチェックは凄いの一言です。

ローンの借り換えで金利を下げられるか検討する

金利は今、市場最低の水準にあります。会社勤めに方なら、住宅ローンの借り換えで支払い金額を大幅に下げることができる可能性があります。

【住宅ローン借り換えセンター】は、20社以上の金融機関の最新の金利を比較しながら、ローン支払いの見直しをしてくれる会社です。

以下の条件の人は、かなりローンの残高を減らせる可能性があります。

  • ローン残高が1000万円以上ある人
  • ローン残期間が10年以上ある人
  • 現在の金利が3%以上の人
  • 10年以上前にフラット35で契約した人
  • 自分のローン残高がわからない人

ローン残高3000万円、残期間25年、金利2.2%(変動)の人の場合、総支払い総額で601万円の削減に成功したケースもあります。

返済事例

成果報酬型借り換えサービスなので、ローン返済が安くならず借り換えができない時には費用がかかりませんので、ダメ元の気持ちで利用することができます。

住宅ローンの延滞履歴のある方でも、相談が可能なので住宅ローンを減らしたい方は一度問い合わせしてみてください。


住宅ローン借り換えセンターの詳しい情報を見てみる

いずれにしても、自分ひとりで解決しようとしないで、プロの手を借りて立ち直りを図ることが一番賢明です。動く時は、早め早めに行動してくださいね。