「家を買ったときには、こんなことになるとは思ってもいなかった・・」。ローンを払うため、借りては返しの連続。

住宅ローンだって、待ってはくれません。毎月、毎月繰り返されるお金の心配に、精神的にも追い詰められてしまいます。

借金

本当に、給料が減ったり、リストラされたり、病気になったり・・と、人生は予期せぬことが起こってきますよね。

住宅ローンが払えなくなるとどうなるか?

実際に、家のローンが払えなくなると、どうなってしまうのでしょうか。

住宅ローンの滞納があると、お金を借りている金融機関から督促があります。

それでもローンが払えない期間が3ヶ月~6ヶ月続くと、ローンを分割で払う権利を失い、金融機関からローン残債の一括請求があります。

一括請求とは、「あなたにはローン払いを認められないので、残り分を全額現金で払いなさい」という請求です。

この段階でも払われないと、裁判所を通じて自宅は競売にかけられ売却されてしまいます。

住宅ローンが払えなくなった時の流れ

①住宅ローンの滞納

②金融機関から督促状、催告書の通知が届く

③滞納期間3ヶ月~6ヶ月で分割で払う権利を失う

④金融機関からローン保証会社に代位弁済の要求がある

⑤ローン保証会社から全額一括返済の要求がある

⑥一括返済ができない場合、ローン保証会社が裁判所に競売の申立てをする

⑦裁判所から競売開始の通知

⑧裁判所の執行官が競売のための調査のため自宅にくる

⑨競売入札期間の通知がくる

⑩入札され所有者が移転され、立ち退く

競売になると、市場価格の5割以下の金額で売られてしまいこともあり、かなりの損失を負うことになり生活を立ち直すことが難しくなります。

そこで、金融機関と相談して損失を少なくするために、競売にかけず家を売却するのが「任意売却」です。

任意売却は、借りている側、貸した側の双方とも得をする方法なのです。

任意売却とは

任意売却は、住宅ローンが払えなくなってしまったときの有効な解決手段として、一般的に行われている債務処理方法です。

通常、住宅ローンが払えなくなってしまうと裁判所で競売されてしまうのですが、あまり高い金額で売ることができず回収する金額もが少なくなってしまいます。

任意売却は、普通の不動産売買のように売ることができるので、市場価格に近い金額で家を売却することができるのです。

つまり、住宅ローンを払えない人と、融資した金融機関が相談しながら、自分たちの手(任意)で不動産を売却することで、少しでも多くの資金を回収するための手段なのです。

任意売却のメリット

  • 住宅ローンが残っていても家が売却できる
  • 競売より高い金額で売ることができる
  • 高く売れた分、返済金額が少なくなる
  • 引越し費用や当面の生活費用など確保できる可能性がある
  • 差し押さえや強制退去もなく、普通の感覚で売却できる
  • 普通の不動産販売なので、近所や会社に知られることがない
  • 任意売却の費用は一切かからない
  • 任意売却のデメリット

  • 任意売却は住宅ローンの滞納が条件である
  • 滞納していない場合には、あえて滞納する
  • 信用情報にブラックリストとして登録される
  • 5年ほどローンやキャッシングが使えなくなる
  • 任意売却には、信用情報に乗ってしまうため、ローンやキャッシングが5年間使えないなどデメリットがありますが、現在最も効果的な手段です。

    ちなみに、すでに持っているクレジットカードは、滞納しなければこれまで通り使うことができます。

    家に裁判所の執行官が査定にくることもないので、近所の人や会社にも知られることなく家を売却することができるのは、精神的にも本当にラクです。

    実は、住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)でも、住宅ローンの返済ができない場合の処置として、競売より「任意売却」をススメています。

    住宅金融支援機構

    資料:住宅金融支援機構より http://www.jhf.go.jp/customer/hensai/baikyaku.html

    任意売却をすすめるには

    任意売却は、法律、不動産、金融などの専門的な知識と、緻密な手続きや交渉が必要なので、専門の仲介業者に任せることになります。

    まずは、専門の仲介業者にメールで相談し、面談して相談することがスタートとなります。

    任意売却の相談料は、無料です。任意売却のメリットやデメリットを再度確認し、任意売却するかどうかを決めてください。

    任意売却をすることを決めたら仲介業者と契約し、以後、仲介業者の指示に従って手続きします。

    なお、任意売却の費用は、すべて家の売却金額の中に含まれているので、用意しなくても大丈夫です。

    希望の土地で引っ越し先を探して契約してくれたり、引っ越しの時期なども調整してくれるなど、なにからなにまで対応してくれます。

    任意売却は裁判所からの「⑦裁判所から競売開始の通知」までに対応することが必要です。

    もし、家のローンでお悩みの方は、ぜひ一度相談してみてください。料金は無料です。

    任意売却 競売版

    任意売却の無料相談サイトを見てみる